電話占い鑑定士の年収とは

電話占い師の年収とは?

私は、渋谷と新宿の某所で占い師の仕事をしています。対面鑑定を中心に行っているのですが、今回は、電話占い師の年収についてお話しします。占い師にとって、収益のほとんどはお客様から貰う占い料です。これが年収の大部分を占めてきます。それも、占い料全額が自分のふところに入るというわけにはいきません。電話占い師には直接関係ないですが、普通の占い師には占いを行うための場所代が必要になってきます。お客様からもらう占い料からこの場所代を差し引いて、自分の年収が決まります。電話占い師にはこの場所代は必要ないので、占い料で年収が決まります。
占い料は占い師によって様々です。占い師を始めたばかりの人は、占い料を少し安めに設定したほうが良いです。そうしなければ、お客さんがなかなか集まらないです。徐々に人気がでてきたら占い料を上げればよいかと思います。是非これを参考にしてみてください。

電話占い師の年収とは?

私の古くからの友人に、銀座の某所で占い師をしている方がいます。その方によると、電話占い師の年収は人それぞれだと言っています。まず電話占い師の年収は、占いをしに来たお客様の占い料によって決まってきます。最初のうちは、安い占い料を設定してお客様を集めることが大切だと言っています。お客様が徐々に集まって来た時が、占い料を上げるベストなタイミングだと言っています。
人気がでてくれば、月収が90万円になることがあります。1000万円もの年収が手に入る場合があるのです。しかし、最初はそんなことを気にせず、気楽にやることをおススメすると言っています。あまり収入のこと気にしては、占い師という仕事は長続きしないと言っています。本気で電話占い師を目指している方は是非ともこれを参考にして、電話占い師という夢に向かって歩んでいってほしいです。

占い師の働き方

私は昼間は大阪市内の占いの館で対面鑑定をし、夜は自宅で電話鑑定をやっています。忙しそうに見えるこのスケジュールですが、休みながらやっているのでそうでもないです。生活が少々不規則になってきていますが、占いが大好きなので全然苦になりません。
年収は、その年によりますが300万くらいです。OLをしていた頃とあまり変わりませんが、好きなことを仕事にできているので今の働き方や年収には満足しています。ですが老後の事も考えて貯金したいので、今後は占い教室を開いて生徒さんを集めるつもりです。